2月18日週の株式投資情報・投資主体別売買動向

2013/03/01 (金) 04時17分 122 views

週間 k_tool需給分析

株式投資において、予想する上で誰が買い誰が売っているか分析することは重要と考えています。
週間ベースで様々な需給動向が発表されていますが、
3市場株式売買動向
株価指数先物売買動向
信用残動向
裁定残動向
CFTC外国為替ポジション動向
を毎週分析しています

 

基本

株式市場は、外国為替動向に相関する。 外国為替は購買力平価により動いていると認識2国間の物価動向)
主要株式市場は外人売買動向で70%近く占め、外人の売買動向に左右される。
外人の比率は欧州勢が70%を占める。
一方、小型株は個人の売買が70%近くを占めているのが特徴である。

 

先週は・・・・

2月18週の先週も外人・信用の積極的な陣営の買いが続いています。 外人は15週連続買い越しで累計5兆2000億円買い越しと勢いが続いています。 一方裁定買い残は2兆8000億円、信用買い残は1兆9000億円と高水準の状態です。 3月のSQ前には注意が必要と思います。 当面は急激な円安に向かう方向にはならないと思いますのでしっかりした展開が続くのではと思いますが・・・・「下がって買いたい人」が多いので下には買いが入り、洗い展開で切り上げていく相場展開はと思います。 負けも大きいこともありますが、動く相場なので強い気持ちで投資を行うことで良いと思います。

 

  投資主体別売買状況 現物+先物  単位
億円
現物
自己 外人 投信 生損 都地銀 信託銀 事法 個人 個人
現金
個人
信用
N225先 -555 570 -33 23 -107 149 -16 -110
TPX先 -1,094 393 114 59 3 513 0 1
現物 633 2,250 -246 -250 -57 -1,725 236 -634 -1,211 578
合計 -1,015 3,212 -165 -168 -161 -1,063 220 -743 -1,211 578

 

民主党解散から需給動向一覧

需給動向20130218

 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:売買動向

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »