3月4日週の株式投資情報・投資主体別売買動向

2013/03/15 (金) 09時38分 130 views

先週1週間の投資主体別売買動向

需給動向20130314-1

 

2012年1月からの投資主体別売買動向

需給動向20130314-3

 

3月4日の週も外人買い継続です。SQもありましたが大量購入1兆円越え
国内勢は信用買いを除き大幅売り越しです。
外人の勢いは止まりそうもありません
米景気の好調。円安進行と構造改革期待で流れは超強気相場。 

 

外人中心の相場なので大型株主導ではないかと思います。
金融緩和相場で不動産株・土地持ち企業(電鉄株など)・銀行証券など

円安で米国経済好調で米国に強い自動車株(ホンダ系・トヨタ系) を中心に動くと思います。
新黒田日銀総裁の会見もあり2%のインフレ目標でやるという声も聞かれ相当の金融緩和してくると見るのが妥当と思います。

全体の底上げ中なので出来高急増した銘柄についていく感じか、または上記テーマ銘柄の仕込み狙いで良い。

 

先の注意点は米国経済好調で「早期の金融緩和終了」になってくると株価の勢いが鈍る可能性もあり。 ただ出たとしてもすぐには勢いは止まらないのではと思います。 中国経済は鈍いのでこの辺は避けた方が良いと思う。内需関連より外需ではと思う。

これだけ急激に上がるととりあえず、少しでも買わないと入っていけない相場になると思う。 大きく下がった時は逆に買えない・・・・

 

その他の需給動向は、信用買い残は増加中 2兆800億円。
SQ越えで裁定買い残4200億円減少して2兆3800億円になりましたが高水準の状態です。

需給動向20130314-4

 

1月からの需給動向です。

需給動向20130314-6

 


 

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:売買動向

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »