丑でも解かる株式投資情報(初心者) 分散投資について

2013/06/29 (土) 23時04分 382 views

YAHOO!のブログを書いている方が、分散投資について書いてくれていますのでぜひ読んんでください。

http://blogs.yahoo.co.jp/soy_sauce1012/55668141.html

 

株式投資において一番大切なことは、預かり資金が増えることです。そして株は明日誰もが上に行くか下に行くかわからないということです。

それをカバーする一つの方法に分散投資による「割安株を買い・割高な株を売る」投資手法が有効です。

近頃株式市場で良く聞く言葉が、「リターンリバーサル」です。 意味は「大きく下がった株は大きく戻す」という株価の修正を狙った投資手法です。

この2つを組み合わせて売買を行うことで投資収益を狙います。 手持ちの株の評価損益は関係ありません。

銘柄間の相対的な位置だけ気にして売買します。 相対的な位置の判定方法は、いろいろありますが、身近に判断できるもので判断するしかありません。

たとえば

預かり資産100万円で投資をスタートしたとします。

1銘柄基本は、20万円で投資をします。

トヨタの株を6500円で300株買い、株価が6000円に下落したときは評価損益▼18,000円となります。

さてこのときホンダ・日産など銘柄を比べてホンダがトヨタより安いと判断したとします。 期待率が高いともいう。

トヨタは、基準値から5%下がり。ホンダは基準値から10%下がったとします。 このときホンダの期待率はトヨタより2倍高いということになります。

ここでトヨタを売却してホンダを買います。 ホンダを3685円で600株買い投資金額を合わせます。

ここでのポイントは実現損となりますが、100万円-18,000円=98万2000円の預かり資産は変わらないというということです。 株式が、トヨタより2倍期待があるホンダに株式が変わったということです。 手数料は考慮していません。

株式市場の特性で、銘柄に原因がなく株式市場全体が下げたことにより株価が下がるときは、日ごろの値動きの大きい銘柄の方が大きく下がります。 また相場全体が上昇するときは値動きの大きい銘柄の方が戻します。

このような特性があるため、トヨタからホンダに乗り換えたことにより期待率は上がります。また普通は、将来の期待どおりホンダの方がより上がります。

この様に、いろいろな業種に分散投資していき、「割安株を買い割高株を売る」やり方をして行けば、自然と預かり資産が増えるはずです。

銘柄選定は、日経平均より上がる業種を選び、業種の中でも業績の良い銘柄や期待があるものを選びます。

 

追記

YAHOO!のブログを書いている別の方が、分散投資について補足してくれたのでこちらもぜひ読んでください!

http://blogs.yahoo.co.jp/kayuti1111/54028591.html


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:丑でも解かる株式(初心者)

コメント(2) 丑でも解かる株式投資情報(初心者) 分散投資について

  1. soy より:

    記事を取り上げていただき、ありがとうございます^^
    具体例を上げて、わかりやすい補足説明を加えていただき感謝です♪

    偉そうに言っていても、私もまだ実践できているわけではないですが(笑)
    でも、考え方は理解したつもりなので、あとは勇気と決断だと思っています。
    グングン上昇する時、ガンガン下げる時、ウダウダする時など、相場は常に変化してますので
    それぞれに対応した手法を取れればいいな、と思っています^^

    私はいつも、カンや感じで相場を語りますが
    かいはつ屋さんは、数字による現実なので実態がわかります。
    検証するのに大変役立ちます^^今後もよろしくお願いします!

  2. かいはつ屋 より:

    SOYさん

    いつもブログ投稿にどれだけ時間をかけてるかと思っています。
    かゆちさんと二人で個人投資家にどれだけ効果があるか計りしれません。
    2008年より私もYAHOOブログに参加して書いてますが、2人の継続投稿には脱帽です。
    YAHOOのブロガーはプロ以上の指導を無料で受けているとの同じです。

    株の投資理論は極めたとしても、お金をかけることですから背負っているものがあると難しい面もありますね。
    余裕資金で専業では無いので楽しめればと思います。
    株は答えがないので面白い世界だと思っています。
    これからも宜しくお願いします。

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »