7月15日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・・外人買うも、個人現金の売りが止まらない・・・k_tool株式投資情報システムの紹介

2013/07/26 (金) 00時08分 194 views

7月15日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・・外人買うも、個人現金の売りが止まらないです。

 

需給動向20130715-1.fw

 

 

7月15日週の株式市場は、参院選自民期待から5週連続上昇で14,953円まで戻りました。 イベントは終わった感じです。QE3の縮小がくすぶり株式市場も微妙になってきました。 これから発表される1Qの決算発表で上方修正されるかまたは進捗率の期待で銘柄の選別がされそうです。

個人現金の売りが止まりません、上がれば売ってくる感じです。 外人は毎週、先物を含めて5000億円ぐらい買っていますので裁定取引解消意外では大きく下げることはないとは思います。

日経平均VIも下がり7/25で25.44になりました。 相場の変動も少なく来て少し落ち着いてできるようになり良かったと思います。

 

これからのポイントは、日経平均PERが16.35まで買われ、上方修正でPERが下がっていくか見ていきたいと思います。

裁定残が3兆5000億円(5月のピークは4兆2000億円)と再び積み上がってきたのでこの点の注意は必要と思います。

さてこれから決算発表ですが、「上方修正または上げで反応した銘柄」と「下方修正で下げで反応した銘柄を確認」して監視銘柄の入れ替え努力が必要となります。 銘柄を連想する力で、関連銘柄の仕込みもできるようになります。

夏枯れ相場でエネルギー不足というか国内勢の売りが止まらないですね。

 


k_tool株式投資情報システムの紹介

「先物売り VS 好業績買い」 をやっていますがやっと好調になってきました。

自動車株を中心にポジションを組んで売買しています。

これからは悪い銘柄と良い銘柄も選別されてくるので「先物売り+悪い銘柄売り VS 好業績買い+先物買い」に変化していきたいと思います。

「株式投資情報システムk_toolシステム」を使いながら売買しています。

QUICKに加えて 楽天RSS と 岡三RSS にも現在対応しました。

特徴は、

銘柄を表形式で選べます。

銘柄グループを組んで、乖離率などでをランキングができます。

また朝の寄前から気配値による価格で計算していますので素早い対応を可能とします。

多くの銘柄の監視が容易にできます。

予想出来高計算システムにより、本日買いが来ている、売りが来ているなどわかります。

監視銘柄も「100銘柄×20グループ」で管理できます。

などです。

 

1か月無料のお試し期間がありますので使用してみてください。

k_tool説明_使用方法.pdf

現在個人の方の料金は未定です。・・・・お問い合わせ画面から申し込み願います。

以下の需給動向の情報も、こちらも無料で見ることができます。

お試し期間が過ぎても需給動向の資料は当面無料の予定です。

需給動向20130715-3.fw

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:売買動向

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »