9月9日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・東京オリンピック相場

2013/09/23 (月) 21時43分 104 views

9月9日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・東京オリンピック相場・SQ上げて対応

需給動向20130913-1.fw

 

9月9日の週は、2020年東京オリンピック決定で、オリンピック関連銘柄の爆上げ相場となりました。 8月末のリビヤ情勢緊迫から一転上げ相場となっています。 日経平均は14,405円で週間で△576円の上げとなりました。 個人現金の売りが2964億円と戻り売りが続けて出ていますが、先物を含めると自己売買、外人、年金など幅広く買いが入っている状況でした。

SQ週でありましたが、裁定残は増加して3兆4243億円となっています。 中間配当ありでロールオーバーによる12月ものへの乗り換えで対応したようです。 信用買い残は2兆9199億円と若干減り高水準の状態です。 相場全体が上昇したことに寄り信用評価損益率が▼6.56%と大幅に改善してきました。個人現金のみの売りが継続して目立ちまが、一緒に売っていた年金は、3週連続買い越しとなり国内勢の売りが大分少なくなってきた印象です。

需給動向20130913-2.fw

 


 先週9月18日のFOMCでQE3縮小無し

QE3縮小が延期され、内外とも株式はしっかりしています。日経平均も上げで反応して14,742円まで上昇してきました。三角もち合いで上に反応して強い相場となってきました。売り手が少ない感じです。 一時期の激しい動きがなくなり日経VIも24.16まで下がってきました。

オリンピック・復興需要・リニア建設・法人税下げなど内需関連には良い材料が目立ちます。また円安も定着気味で売る材料が少ないようです。

先週末NYダウは185ドル下げていますが、株価指数や個別銘柄の先物、オプションの期限が重なる「クアドラプルウィッチング」とダウ平均にゴールドマン・サックスとナイキが入り、S&P500種にバーテックス・ファーマシューティカルズとアメテックが採用されることも影響しているようです。

今週は9月25日が中間決算の権利最終日と中間末が近づいていることからしっかりするのではと思います。


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:売買動向

コメント(6) 9月9日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・東京オリンピック相場

  1. soy より:

    このところの上昇には全く恩恵のない持ち株ばかりで、実は凹んでます(笑)
    出遅れ株も触ったんですが、どれもこれも超早売りで・・・こちらはかなり凹んでます(涙)
    もう買える銘柄がほとんどない!って言うのが本音です。。。

  2. かいはつ屋 より:

    SOYさん

    裁定残と信用残みると買える状態ではありませんが、10月に入り業績上方修正の銘柄に次は期待しています。

    このところ日経平均の寄与度の高い銘柄に買いが入っていましたが、日経平均もやっと調整気味。
    またオリンピック銘柄も調整に入った感じがしています。
    今回のミニ上昇は、分散投資を痛感した相場でした。
    歯車が狂うと1回休みになってしまいますが、次の機会で良いのではと思います。
    「儲けるより負けなければ良い」という考えで良いのではと思っています。

    ところでSOYさんは、どちらの方でですか?
    私は東京ですが

  3. soy より:

    私はトヨタのお膝元です^^

  4. かいはつ屋 より:

    近くだったら飲みにでも行きたい感じですが・・・
    東京に来ることがあれば連絡ください!

  5. soy より:

    ありがとうございます^^
    東京へは2度行ったきりで、長年ご無沙汰です(^^;)
    外回りならそういう機会もあるんでしょうが、しがない職工ですから(笑)
    そちらへ行く機会があれば、声を掛けさせていただきますね^^

  6. かいはつ屋 より:

    職工ですか・・・腕があることは良いことですね。
    東京は2度ですか・・・
    私も名古屋に行く機会も少ないですが・・・大儲けして行きたいですね!

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »