11月18日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・2極化・・日経平均関連の上昇目立つ

2013/11/29 (金) 02時56分 231 views

11月18日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・2極化・・日経平均関連の上昇目立つ

需給動向20131118-1.fw

 

9月からの投資主体別売買時系列データ

需給動向20131118-3.fw

 

上昇する環境整っているが、小型株は上りが鈍い

11月18日の週も引き続jき外人買いの勢いは続いています。 為替もCFTCドル円の残高が▼112,216枚のショートとなり、「株買い、ドル買い円安」の投資が続いています。 外人の買い越し額は、先物を含めて8621億円でした。

信用の高値期日も過ぎ需給関係は良くなっています。信用買い残は、2兆7000億円と評価損益率も▼5,77と申し分ない状況です。

売り方の筆頭となっている個人現金の売りは続いています。今週も5400億円ほど売り越しています。 来年の譲渡益税の増税により12月も続きそうです。

 

11月11日を起点に14000円から15727円に日経平均大幅上昇しています。 日経平均はこの間1640円ほど上げましたが、ファストリテ(9983)が1銘柄だけで日経平均を328円押し上げています。寄与度は2割と目立ちます。

そのほか上昇が目立つ銘柄は、日経平均の寄与度の高い銘柄や外人が買う大型株が目立ちます。

一方、個人が主体の小型株の上昇の鈍さが目立ちます。 個人現金の売りが収まらない年内は、出遅れ銘柄も上昇が鈍いのではと思います。業績など関係なく個人の売りが止まるまでは上昇が鈍いようです。

 

日経平均のEPSは、現在975円と事前のコンセンサス近くまで上昇してきました。 中間決算発表前は900円でしたので約75円ほど上昇修正されたことになります。 日経平均は16倍弱まで買われ大分織り込まれて来たと思います。

市場の目は次期決算に目が行き、来季の増益を見据えた投資となってきそうです。

 

3週間で日経平均は1700円ほど外人買いで上昇してきましたが、12月はSQまでこの位置が保てるかというところです。 今回の急激な上昇の狙いは、「11月のファンドの決算と12月のSQを狙った」上昇では感じます。

12月のSQ後は、外人も休みの準備に入り買い手が休みとなり、又、個人の売りの継続となるので相場の上昇は鈍りそうです。 今回の上昇の間出遅れ小型株も買いたくなりますが、裁定残も4兆円と積み上がり次回MSQも近くなり注意が必要とも思います。来年は、消費税増税と円安との綱引きの相場となりそうです。

 


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:売買動向

コメント(2) 11月18日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・2極化・・日経平均関連の上昇目立つ

  1. soy より:

    なるほど、12月は下落が期待できるかも?^^
    個人の現物売りが継続されてるってことは、かなり手放すつもりなんでしょうね。
    そうなると、逆に年明けは買い戻しが入る可能性もありますね^^
    私の狙いとしては、MSQ通過後に軟調相場入りしたところを仕込みたいです^^

  2. かいはつ屋 より:

    SOYさん こんばんは
    雇用統計翌日から、すごいことになってしまいました。
    あがる銘柄とあがらない銘柄がありやりづらいです。
    大型株と材料株だけですね。
    小型中心でやっている私は合わない相場です。
    来年は、個人の売りは止まりそうなんで、小型株に期待です。

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »