2014年4月14日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・急落後のリバンド

2014/04/27 (日) 23時30分 52 views

2014年4月14日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・急落後のリバンド

需給動向20140414-1.fw

 

 

需給動向20140414-2.fw

リバンド・・・

4月14日の週は、前週の1104円下落後のリバンド相場だった印象。GPIFの報道が入り上昇したがリバンド様相。

日経平均は、週間で556円上昇して、14,516円で終了。

売買動向を見ると、現物は、国内勢の売り、外人の買いの構図。

外人は1375億円買い越し。しかし、先物は売り越して、先物と現物あわせると227億円と僅かな買い越し。

日経平均を556円買い上げた主体は、年金の1000億円の買い越し(先物+現物)。

決算発表が本格化するが

決算発表が本格するが、事前予想の増益率10%近くの模様。

日本の物価上昇率が、欧米を上回り、円安が進む要因となってきた。

日銀が狙った物価上昇率は、順調に進んでいる感じがする。当面緩和は遠のいた感じがする。

景気悪化が鮮明にならないと動かないのではと思う。

建設関係の人材不足も目に付くようになり、他業種にも広がっている。

株価の方は、米国の株価上昇の連動は薄れ、外人が日本株の投資比率を下げている影響が出ている模様。

当面レンジ相場の様相。

 


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:売買動向

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »