2014年4月21日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・外人2週連続買い

2014/05/06 (火) 20時39分 78 views

2014年4月21日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・外人2週連続買い

需給動向20140421-1.fw

 

需給動向20140421-2.fw

4月から8%になった消費税と決算

4月21日週の株式市場では、決算発表が始まった。 事前予想では、今期は10%増益を見込んでいたが、現時点の発表済みでは3%増益と微増益というところ。 今週8日には、トヨタの決算発表があり注目されている。

外国為替は、102円前後で落ち着いている。昨年より円安で業績にはプラスに寄与する。

消費税が増税となり1ヶ月が過ぎたが、物価は上昇している感じがする。 物価が上がっても必要な生活必需品は、購入しなればならない。 高額品は、事前に購入され当面は影響が出るだろうが、いずれ商品は必要となる。

賃金もやや上昇傾向になり、良い循環となりつつある。デフレも一時的には克服されている感じがする。

 

一方、株式市場はPER14倍前半と割安な水準であるが、買い手不在という感じが否めない。

年初から外人投資家の日本株配分比率が下がり、買いが鈍っている。

GPIFを通して株式を買うように政府が働きかけているが、アベノミックスの限界も感じるところもある。

株式市場に頼るより、経済面の対策が必要となってきている。

 

4月の米雇用統計では、非農業部門の就業者数は前月から28万8千人増
米国の雇用情勢が大幅に改善されているので、米国金利上昇の流れから金利差を見ると円安が見込まれる。

ウクライナの悪化から資金の逃避から円が買われることも考えられるが、一時的なことと考える。

昨年12月末の高値から株式市場は勢いを失っているが、信用期日到来後の6月以降には何らかの動きが出るのではと思っている。

現状の株式市場は、買い手不在は否めず、PERからみた指標的では割安。

 


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:売買動向

コメント(3) 2014年4月21日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・外人2週連続買い

  1. soy より:

    思ってたより下落幅が大きかった今日の相場。
    寄り付きでの外人動向も売り越しとのことで、買い手不在が顕著ですね。
    時期的には売られやすい時なので、逆に仕込み場か?とも(^^;)
    トヨタは今日が決算ですか?気にもしてなかった(笑)
    でも、トヨタの生産計画は若干ですが増えてますよ。
    6・7月は日当たり12000台って話でしたが、13000台になりました^^
    4月が思ったほどの落ち込みではなかったのかも?
    あとでトヨタの決算、チェックしてみます。

  2. soy より:

    すみません!8日は明日でしたね!GWボケです。。。曜日も間違えそうだし(笑)

  3. かいはつ屋 より:

    SOYさん、こんにちは

    外人注文動向は、売り越しが目立ちますね。昨年とは違っています。
    雇用統計が良いのにも関わらず、米国債券が2.5%まで上昇しています。
    これは、株式から債券へ一時逃避している感じがします。

    簡単に考えると、買い手不在ですね。
    NISA経由の投資もイマイチの状況。
    3兆円の信用の投げが出て需給がすっきりしてもらいたいです。

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »