2014年8月4日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・・・リバンド・・市場エネルギー少ない

2014/08/17 (日) 21時15分 97 views

2014年8月4日週の株式投資情報・投資主体別売買動向・・リバンド・市場エネルギー少ない 需給動向20140804-1.fw

 

 

需給動向20140804-2.fw

 

海外情勢不安定・・・・・資金だぶつく株式市場の構図

ロシアの制裁の影響が欧州経済を揺さぶり始め、日米欧の金利が低下している。 金融緩和から株高・債券高の様相。

イラクの米空爆で株式市場は大きく下げたが、国内投資家の押し目買いは健在の様相だった。

この展開は当面続きそう。

8月4日の週は、個人が先物をあわせると5260億円大きく買い越した。 個人の余力を感じられる。

外人は、現物5000億円、先物5000億円と1兆円越えの売り越しとなり、先物でヘッジを入れた格好となった。

8月11日週は、5日連続値上がりとなり日経平均は15,300円となったが市場エネルギーが乏しい。

日本の消費税の影響は残っているようだが、現在の相場を支える金融緩和継続されることには変わりない。

 

来年は、米金利上場が見込まれ、為替の円安が進むことが見込まれる。企業業績にもプラスの効果がでると思われる。

大きく下げることは引き続きなさそうな感じがするが、市場エネルギーが乏しいことが否めない。

今年から導入されたNISA口座からの個人資金は株式市場に流入しているようだが、今年トータルでは、1兆円以上の個人現金の売りとなっている。 株式市場の安定資金の受け皿が必要ではと思う。

 


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:売買動向

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »