• 株ラボ システム開発 www.kabulab.com 

  • 株ラボ システム開発 www.kabulab.com

  • 株ラボ システム開発 twitter

windows7 + VMware Player + Linux CentOS6.5 インストール 備忘録

2014/08/27 (水) 16時23分 1,029 views

windows7 + VMware Player + Linux CentOS6.5  インストール備忘録

 

VMware Player ダウンロード

https://my.vmware.com/jp/web/vmware/free#desktop_end_user_computing/vmware_player/6_0

VmwarePlaer-1.fw

 

 VMware Player for Windows を選んでダウンロードし、実行する。

VmwarePlaer-2.fw

 

VmwarePlaer-3.fw

 

VmwarePlaer-4.fw

 

VmwarePlaer-5.fw

 

VmwarePlaer-6.fw

 

5分位で終了

VMware Player起動する

VmwarePlaer-8.fw

CentOS6.5インストール

インストールするOSのイメージをダウンロードしておく

http://isoredirect.centos.org/centos/6/isos/x86_64/CentOS-6.5-x86_64-bin-DVD1.iso

今回は、CentOS6.5

VmwarePlaer-9.fw

 

 

CentOS64ビットのユーザーとパスワード を入力する。

VmwarePlaer-10.fw

 

仮想OSのインストール先の指定

C:\VM\CentOS6.5_64Bit にした

VmwarePlaer-12.fw

 

仮想ディスクを単一で作成

VmwarePlaer-13.fw

 

 

 

VmwarePlaer-14.fw

 

ハードウェアーをカスタマイズを押すと設定が出てくる。後で変更可能。

VmwarePlaer-15.fw

 

インストールが開始される

※VMwareのアップデートが表示されることがある。無視

VmwarePlaer-16.fw

 

インストール終了画面・・・・日本語版は設定されなかった

VmwarePlaer-17.fw

英語環境を日本語環境に変更する

参考先 http://www.server-world.info/query?os=CentOS_6&p=japanese

 

日本語関連のパッケージをグループインストールします。

yum -y groupinstall “Japanese Support”

コンソールを開き、su環境で行う。

/etc/sysconfig/i18nの編集をします。

LANG=”en_US.UTF-8″から LANG=”ja_JP.UTF-8”に変更する。

キーボードの変更

/etc/sysconfig/keyboard
KEYTABLE=”us”
MODEL=”PC105+inet”
LAYOUT=”us”
KEYBOARDTYPE=”pc”
以下に変更する
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
KEYTABLE=”jp106″
MODEL=”jp106″
LAYOUT=”jp”
KEYBOARDTYPE=”pc”

 

ユーザー名一覧と変更

/etc/passwd ファイル
ユーザー情報は、/etc/passwdファイルで確認する事ができます。 ユーザー名、パスワード、ユーザーID、グループID、コメント(本名とか電話番号とか)ホームディレクトリ、ログインシェルが記録されている

時刻の設定

日本語環境でインストールできなかったので、時刻も米国基準になっていた。

GUIで以下の設定に変更した。

WINDOWS7側でシステム時刻を合わせるためネットワークの同期は行わない

VmwarePlaer-22.fw

 

時刻は、東京に合わせる

また、WINDOWS側のことを考え、UTC時刻のチェックは外す。

VmwarePlaer-21.fw

 

 

VMwareTool のインストールを行う

vmware tools導入での、ホストとゲスト間の統合機能
・グラフィックパフォーマンスの向上
・共有フォルダ
・ドラッグ アンド ドロップ操作(ただしWindowsOSのみ)
・ホストOSとゲストOSの時刻の同期化
・マウスの操作のパフォーマンス向上

・ゲストOSとホストOS間のテキストのコピーと貼り付け

以下参照

VMwareTool のインストール 備忘録

 


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:システム備忘録

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »