• 株ラボ システム開発 www.kabulab.com 

  • 株ラボ システム開発 www.kabulab.com

  • 株ラボ システム開発 twitter

Linux CentOSからrdesktopでWindowsへリモートデスクトップ 備忘録

2014/09/13 (土) 23時51分 1,241 views

Linux CentOSからrdesktopでWindowsへリモートデスクトップ 備忘録

winndows側で、リモートデスクトップの許可を与えておく

Linux側は、x-window(GUI)を起動しておく

参照

http://kajuhome.com/rdesktop.shtml#n02

rdesktop のインストール・・・・・root権限で実行

yum -y install rdesktop

※-y は、問い合わせがあったときにすべて「y」と答える

install     パッケージをインストールする
update     パッケージをアップデートする
check-update     アップデート可能なパッケージを一覧する
remove     パッケージをアンインストールする
list     インストール可能なパッケージを一覧する。
search キーワード     指定したキーワードでパッケージを検索する
info     パッケージの情報を表示する。オプションについては表3を参照
clean     パッケージと古いヘッダーを削除する

yum でインストール済みパケージを調べる
yum list installed

端末で以下の実行すると

rdesktop -k ja 192.168.0.12 -u xxxx -p xxxx

リモートデスクトップが表示された。

VmwarePlaer-37.fw

 


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:システム備忘録

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »