• 株ラボ システム開発 www.kabulab.com 

  • 株ラボ システム開発 www.kabulab.com

  • 株ラボ システム開発 twitter

Linux CentOS シェルスクリプト 入門 備忘録

2014/09/15 (月) 21時34分 361 views

Linux CentOS シェルスクリプト 入門 備忘録

参考

http://www2u.biglobe.ne.jp/~hsaka/docs/shell.html

http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~inex/y2002/1101/1101_shell.html#shell1.5

http://merry.whitesnow.jp/SEMICMD/cmdtop.html

シェルスクリプトの種類

sh – Bourne シェル, POSIX シェル

sh は標準のシェルであり、 POSIX(IEEE Std1003.2) で標準化されていますが、 全てのシステムの sh で完全に POSIX 対応しているわけではありません。

対話機能が貧弱なため、ログインシェルとして使用されることは少なく 主にスクリプトとして使用されています (システムがハングした後の再起動時に fsck が失敗したりすると /bin/sh で作業する必要があったりもしますが)。 FreeBSD などでは ash と呼ばれる機能強化したものが使用されています。 ksh や bash が /bin/sh として使われているシステムもあります。

ksh – Korn シェル

Bourne シェルを元に機能拡張したシェル。 ヒストリ機能やコマンドライン編集機能が追加されています。

SystemV 系では標準であり商用ですが、 パブリックドメインの pdksh もあります。

 

bash – Bourne Again SHell

Bourne シェルを元に機能拡張したシェル。

コマンドラインでの編集機能が充実しており、 ksh とはよく似ています。 GNU のソフトとして配布されており、 特に Linux で標準シェルとして採用されていることで広まっています。

CentOSでは、/binにシェルスクリプトが格納されている。 shがbashにシンボリックリンクされている。

 

zsh – Z シェル

最強をうたったシェル。 Bourne シェル系の構文が基本ですが、 C シェル系の構文もサポートしています。 ksh, bash のほとんどの機能に加えて プログラマブル補完機能や独自のファイル名展開機能を持っています。

 

csh – C シェル

BSD UNIX で採用されたシェル。

C 言語風の構文を持ち、 初めてヒストリ機能やエイリアス機能が導入されたシェルですが、 スクリプト言語としては Bourne シェル系より劣っています。

デフォルトのログインシェルとして設定されているシステムも 多いものの現在では使用されなくなりつつあります。

 

tcsh – TENEX C シュル

C シェルを元に機能拡張したシェル。 コマンドラインでの編集機能と 強力な プログラマブル補完機能 。

エラーメッセージの 日本語カタログ

bashについて

スクリプトのヘッダを作成する

1行目

#!/bin/bash

コメント

「#」となる

 

ファイル名

xxxxx.sh   ・・・・・・・・・・.sh をつけなくても実行できる。 LINUXには、拡張子はない.

 

アクセス権の設定

chmod コマンドで権限を変更する

1・・・・・実行

2・・・・・書き込み

4・・・・・読み込み

 

chmod 644 file2  ・・・・・・・file2を644(rw-r–r–)に変更

 

端末での実行

sh  ファイル名

 

Linuxコマンド集

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060224/230573/?ST=oss&P=1


LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:システム備忘録

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »