• 株ラボ 野菜栽培と健康 www.kabulab.com 

  • 株ラボ 野菜栽培と健康 www.kabulab.com 

  • 株ラボ 野菜栽培と健康 twitterr

野菜栽培 夏野菜の収穫(スナップエンドウ豆とツルありエンドウ豆)

2013/05/29 (水) 17時33分 6,302 views

野菜栽培 夏野菜の収穫開始・・・・スナップエンドウ豆

3月初旬に種を蒔き、4月6日に定植したスナップえんどう豆。 やっと育ってきました。今年は気温が上がらず育ちが悪いみたいです。梅雨も10日ぐらい早く来そうなんで、野菜の収穫は今年は悪い感じがします。

昨年初めてプランターでスナップエンドウ豆をやり、美味しく頂きましが、収穫量が少なかったので今年は大量に種を蒔き、菜園に苗を定植しました。

昨年のスナップエンドウ豆はうどんこ病で終わってしまいましたが、今年もうどんこ病が出ている感じです。 とりあえず放置してます。

今週、5月27日にスナップエンドウ豆をいくつか収穫できました。 まだ食べていませんが・・・

スナップエンドウ豆は、夏野菜のきゅうり・トマト・ナスができる前に一番早く収穫がはじまります。 次に「ツル有りえんどう豆」の収穫ができます。

スナップエンドウ豆は1か月ぐらいは収穫が続きます。 季節の野菜を味わうことができます。

野菜栽培は種からやるのは難しいですが、試行錯誤しながら作るのが楽しみです。  システム開発と似ています。

 

EOS20130529_8918

 

プランターに植えたスナップエンドウ豆・・・水のやり過ぎで排水が悪く失敗しまいした。

プランターの穴が一か所しかなく、鉢底石も引かないのが原因だと思います。

このプランターは野菜用で大きいのですが、大きく重く持つのも大変で失敗です。野菜もあまり育ちが良いとは言えません。

ドリルで穴を明けて使用してみます。 プランターを買うときは、土を入れた後の重さも想定して買わなくてはなりません。

EOS20130529_8929
EOS201304138582


ツルありエンドウ豆の様子

ツルありえんどう豆は、昨年育ちが良く600本ほど収穫できたので簡単だと思い、今年は、定植時にマルチを省略しました。

また今年は気温も上がらず、昨年と比べて育ちが悪い状態です。

一方、余った苗をビニールトンネルの中に入れて育ってたエンドウ豆が一番育ちが良い状態です。 こちらを空いているところに移しましたが、180センチの支柱の上まで育ちました。

育ちの悪い原因は、苗を早く定植し、温度が上がらなかったためです。 定植後に、ビニールトンネルで育てた方が良かったと思います。

あまりにも育ちが悪かったので、5月中旬にワラを敷いて、下の方に風よけでビニールで保温しています。 風よけは、一方方向のみビニールで覆っています。それなりに効果はあるみたいです。

豆類なので、ツルボケしないように肥料を控えていましたが、育ちが悪かったので窒素分の多い油粕を蒔いて、液肥もやっています。

育ちがばらついているので、収穫期間は長くなりそうです。

この後は、上まで来たツルの先端を摘み取り、脇芽を生やしていくことになります。 ツルをとると脇芽が生えてくる性質があります。

支柱は180センチのものを使用していますが、240センチの長いもの方が良さそうです。

EOS20130529_8936

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー:野菜栽培

コメントを残す



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

« »